リフォームローンの金利

リフォームローンも他のローンと同じように金利があり、ローンに付随して支払わなくてなりません。リフォームローンの金利は、固定金利にするか変動金利にするかによって変わりますし、融資を受ける会社によってもさまざまに異なります。

その他のローンと同じように、リフォームローンの金利についても、銀行系の方が非銀行系よりも安い金利をつけています。昨今は不景気と言うことで競争が激しいため、銀行系でない金融会社であってもリフォームローンの金利を下げているところも見られるようです。金利や便利さなどを考えて、リフォームローンを申し込む会社をいくつか事前に選んでおくことも必要です。

金利が固定型か変動型かどうかは大きなポイントです。固定型は金利がずっと変わらないので、最終的にトータルでいくら払わなくてはいけないかという計算ができます。返済総額が分かっているので、将来の計画が立てやすいというメリットがあります。変動金利型のリフォームローンであれば、金利は最初に設定したものから、市中金利の上げ下げに従って変化することになります。

金利が下がれば返済額は減り、上がれば増えることになります。変動型は最終的に支払う金額が少なくなる可能性もありますが、返済計画が立てにくいというデメリットもあります。リフォームローンを組む時には金利についてもよく検討して、慎重に選ぶようにしたいものです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました