断食ダイエットは方法を間違えると危険

断食は身体に負担の大きいことなので、ダイエットのために断食をする場合、方法を誤らないようにしたいものです。ダイエットのためには1日に摂取擦るカロリーを減らす必要があるため、断食が有効です。カロリーの摂取量を、消費量が上回るようにすることが、ダイエットの基本です。

断食をすれば食物からのエネルギー摂取量が減り、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることができます。極端な食事の制限は、カロリーの欠乏状態を招きますので、断食のやり過ぎは栄養不足を引き起こすことになります。体内に取り入れるカロリーが不足すれば、人間の体は筋肉や脂肪をエネルギーに変えるので、ダイエットになります。

人間の身体は、ただ食事をへらしさえすれば痩せるというわけではありませんので、どのように食事を減らすかが大切です。断食を続けると、身体への負荷が大きくなりますので、体のダメージを考えた断食のプランが必須になります。もしも、自己流のやり方で、医療知識を持たずに断食ダイエットをするなら、1~3日程度に留めましょう。

断食した後の食事には特に注意が必要であり、急に食事量を戻してしまうと、高い確率でリバウンドしてしまいます。しばらく食事が少ない状態が継続すると、人体はカロリー消費量を少なくして、脂肪を蓄えようとします。断食の結果、目標の体重にまでダイエットができたからといって急に以前の食事量に戻すと、リバウンドしかねないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました